転職者要注意!私が調理業界で体験したブラック企業体験談!〜関東の某老舗日本料理店での話〜

こんにちは。

転職の申し子です。

調理業界は見た目的に華やかですし、長年修行して認められれば自分のお店を出したりして独立すると言う夢をかなえられるとても良い職種です。

ですが、その華やかさとは裏腹に内情を知っている私からしてみるととても厳しくとても強い精神力がないとやっていけないと言うかなり厳しい世界でもあるのです。

私は、昔調理師を目指しており関東の某有名日本料理店に入社したことがあるのですが、

そこでの出来事があまりにもやばかったので調理師業界に転職しようとしている方は、絶対知っておいた方が良いのでお伝えしようと思っています。

調理師に転職しようと思っている方は、私の体験談を見てからでも遅くはないと思います。

おそらく私の体験談を見ると、

「やっぱりやめようかな?」

とか、

「それあり得なくない?」

と、思うこともあるかもしれません。

ですが、このことを知っておくことにより「入らなきゃよかった。」と言うことを未然に防ぐことができるので読んでおいて損はないでしょう!

それでは、ご覧ください!

ブラック企業の世界へようこそ!

調理業界への転職希望者要注意!私が調理場で体験したブラックな体験談!~関東の某老舗日本料理店の話~

f:id:reachthecrown0:20201231120528j:plain

出典 板前ってどんな仕事?元板前が経験した板前になるための6ステップ

皆様も聞いたことがあると思いますが、調理師業界は、かなりのブラックな職種で有名です!

ほんと申し訳ないのですが、お勧めできるような職種では全くございません。

むしろ、調理師になりたいと思っている人には申し訳ないですが

「なんでこんなきつい思いまでして店を出す必要があるのか?絶対成功する保証もないし、店を出せる保証もないのに・・・こんなの人生博打だよ!!!」

と、私は思ってしまいます。

正直、

普通に土日休みの安定した会社に入ったほうが全然楽です!マジで!

本当にちゃんとした目標がないと足を踏み入れてはならない世界だと私は思っております!!

f:id:reachthecrown0:20201231120717j:plain

出典 「奮起」とは?意味や使い方を解説します! | 意味解説

それでは、私がこの調理業界の会社で目の当たりにしたブラックな出来事を、一つ一つ区切りながらお伝え致します!

私が調理業界で有名な、超有名日本料理店のブラック企業に入ってしまったいきさつ

私は、幼い頃から料理が大好きでよく家で手伝いなどをしておりました。

高校生になった位から料理を家で作るようになり、ちょうどその頃居酒屋でバイトを始めたのですが、そのバイト先の居酒屋でやっている板前さんがかっこよく、しかも仕事をめちゃくちゃ教えてくれてとても楽しかったので板前を目指すようになり地元の調理師の専門学校に行きました。

その専門学校では2年生の調理師のクラスに入り必死に勉強しました。家に帰ってからもクラスの友達と一緒に料理を作ったり色々なものを試してみたり、魚をおろす練習をしてみたりなど自分の中では相当やったと思っております。

その努力が実り、調理師学校の先生から、

「ちょっと厳しい場所かもしれないけど関東のほうにあるとても有名な日本料理屋があるから入ってみるか?!」

と、言われて軽い気持ちで面接を受けたら普通に受かってしまい入社することになりました。

私は地方出身なので上京して寮暮らしをしなきゃいけなくなりました。

「自分ならきっとやっていける!だって学校内ではどっちかと言うとできる方だったし!」

と、言う根拠のない自信があり上京して頑張ることを決意しました!

ですが、これが悲劇の始まりとなります。

調理業界への転職希望者必見!私が超有名日本料理店で体験したブラック企業体験談をご紹介!〜これを見たら入る気失せます😱〜

f:id:reachthecrown0:20210103120951j:plain

出典 【軍事のツボ】映画「ハクソー・リッジ」にみる戦場の兵士の実相 - SANSPO.COM(サンスポ)

私は、その年の4月についにこのブラック企業に足を踏み入れてしまいます。

そのブラック企業と言うのは某有名テーマパーク周辺のホテル内の日本料理屋です。

そして、そこで何があったかをこれから順を追って説明していきます。

これを読んだらきっと調理師になろうなんて思わなくなると思います!

なぜなら、この私の体験談はリアルに私が体験したことだからです!

それでは、どうぞ!

①勤務時間が超長い!

きっと皆さんも聞いたことがあると思いますが、調理師の労働時間は半端じゃなく長いです!

私が働いていた時は朝7時から働いて夜の23時半にやっと帰れると言うような感じでした!

これが、普通の時です。休憩は一応1時間くらいはありました。

では、ゴールデンウィークなどの長期休暇時はどうでしょうか!?

そういう長期連休時は朝5時から夜の23時半までほぼ休憩なしでやらなければなりません!!

正直あり得なくないですか!?

これって18時間ぐらいぶっ通しで働かなきゃならないってことですから相当体力的にきつかったです!!

これは極論ですが、よくお店をやってる人たちは、

「お客様は神様だ」

と、言いますがその頃私は体力の限界が近づいていて、正直休憩を少しでもしたいのに全く休憩できず働き続けなきゃいけなくて、お客様が来るたびに心の中で

「休みたいから来ないでくんないかな?」

と、思ってしまうようになりました。

しかもそれには続きがあり、この長時間労働をしているのに、

残業代が一切出ません!

ぶっちゃけ、残業代が出ないならなるべく働きたくなんてないですよね!?

もし、しっかり残業代もらえてるんだったら頑張るかもしれませんが正直相当モチベーションが下がってたのを覚えています!

②給料がアホみたいに安い

f:id:reachthecrown0:20210103145016j:plain

出典 家計が苦しくなった人に知ってほしい節約の肝 | コロナ後を生き抜く | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

調理師の業界は給料がスーパーのバイト並みに安いです!

正直、なぜこんなに安いのか分かりませんが

とにかく安いのです!!

しかも、長年働いていても給料が上がるとは限りません!!

調理師と言う業界は実力至上主義なため実力がある人間はたくさん稼げますが普通にやっているだけでは全然稼げないのです!!

しかも、

雇われているだけではあまり稼げず、結局独立して店を出して成功しなければ稼げません。

そんなリスクのある生活したいと思いますか!?

私も調理師業界に入った時、初任給が手取りで100,000位だったのでかなりきつかったのを覚えてます。

③暴力が凄い!

f:id:reachthecrown0:20210103145154j:plain

出典 「引きこもり」の子どもによる家庭内暴力に対処する2つのポイント | News&Analysis | ダイヤモンド・オンライン

調理師の業界と言ったらかなり厳しい人が多いイメージがあると思いますが、その通りです!

私も入ったばっかりの時に仕事を覚えている最中に少しミスをしてしまったことがあったのですがおそらく100%位の力で頭をグーで

「バチコーン☆」

と、ひっぱたかれました!

その時は正直頭が真っ白になりましたが、また次の日にも同じようなことが起こり最終的にはリンチを食らいました!

そのことを上の人に相談したんですが何も解決にならずただただ暴力に耐え続けました!

しかも、相当理不尽なことで殴られたりしたので

「マジでこいつらぶっ殺してやろうかな!?」

と、思ったのは言うまでもありません!

何か理由があるならまだしも、大した理由もないのに殴るやつは結構普通にいるのです。

正直、私がやられた事はまだマシな方らしくてもっとひどい人は、

凶器を使って殴られたりとかしていたそうです!

④ガラが悪い

私が配属されたところは某有名テーマパークのある所のホテル内の日本料理屋だったのですが、全国津々浦々のヤンキーたちが集まったとしか思えないような職場でした!

私は帰る時などは自転車で帰っていたのですが、暴走族が乗るようなバイクに乗って帰っていく先輩達を見て、

「怖っっ!!」

と、思いました!!

ただ、ホールの人や男性の調理とは関係ない人たちはものすごく優しい人ばかりでしたので心が洗われるようでした。

⑤言葉使いにうるさすぎる。

とにかく、言葉遣いにはうるさく、私は最初の頃ものすごく緊張していて変な敬語を使ってしまったりなどしたことがあったのです。

その時、先輩が怒り、

「本屋に行って言葉遣いの本買って読め!!」

と、言われたのがすごく印象的でした!

私はそんなに失礼なことを言ったつもりはなかったのですがそんなことを言われて正直異常だと思いました!

しかし、言葉使いをしっかり身に付けたことによりどの会社に行っても礼儀正しい人間だと言われるようになりました!!

⑥休みが少ない&連休が無い

休みが少ないのはこの業界ではしょうがないことだと思いますが、

連休がないのはマジできついです!!

特に、長期連休(ゴールデンウィークなど)の時とかは全然休めなくてその上長時間働かなければいけないのでマジでしんどかったです!

かなりきつかった時は2週間ぐらい休みがない時がありました!

それは結構残念な話なのですが、私が今でも忘れられないのは、親戚が亡くなった時に実家に帰らなきゃいけなくて3日間程休んだ時があったのですが、その後会社にいって言われた言葉が、

「先輩が言ってたぞ! 3連休〜?!って!謝ってきた方がいいぞ」

と言ってきたのです。

こんなバカな話ありえないですよね!?

さすがにその時は謝りませんでした!

転職者要注意!私が調理業界で体験したブラック企業体験談!まとめ

今回は、私が新卒で入った調理業界のブラック企業で受けた体験談についてまとめさせていただきました!

この会社は半年で辞めました!

当然ですよね?!

このブログを見てもまだ調理師になりたいと思っている方は相当ガッツがある方なのでぜひ頑張っていただきたいですが、少しでもおかしいだろと思った方は絶対やめておいたほうがいいです!!!

特に、有名な店に行くほどその傾向が強いと思いますのでもし調理師をやりたい方がいたら有名店は狙わずに細々とやっているが美味しい店を狙うのがベストだと思います!

それでは次回もお楽しみに!