転職者要注意!製紙工場はブラックで薄給?体験談を交えて徹底解説!

こんにちは。

転職の申し子です。

前回は私が鋳造関係の仕事をアレルギーが原因で泣く泣く退職した件についてお話し致しました。

本当に良い職場でアレルギーさえなければずっと続けていけたのにと思うと残念でなりません。

その後、私は結婚を機にある方の紹介で大手の製紙会社の子会社に入社する事になりました。

その製紙会社でもまたブラック企業の魔の手に引っかかってしまいました。

果たして製紙会社はどれだけブラックなのか?

そのブラックな理由は聞いておいて損は無いので是非転職活動の参考にしていただきたいです。

それでは、

ブラック企業の世界へようこそ!

転職者要注意!製紙工場はブラックで薄給?リアルな体験談を交えて徹底解説致します!

f:id:reachthecrown0:20210103220942j:plain

出典 Amazon | プラス インクジェット用紙 A4 きれいなマット紙 250枚 ツヤ無し仕上げ 46-133 | インクジェット用紙 | 文房具・オフィス用品

私が入社した製紙会社は、某大手製紙会社の子会社で、紙の巻物(原反)に薬品を混合して作った液体を塗り、感熱紙やインクジェット用紙などの製品に加工する会社でした。

しかも、三交代勤務のため深夜手当てなどで給料は良いのでは?と思いました。

大手企業の子会社という事で、

「安定していそうだ。」

と、思い入社に踏み切りましたがここがとんでもないブラック企業だった事を入社してから知ってしまいます。

それでは、どのようなブラック企業体験談があったのかをお話し致します。

転職者必見!大手製紙工場の子会社はブラック企業のお手本のような企業だった!その体験談とは?

①タイムカードがない。

f:id:reachthecrown0:20210103231304j:plain

出典 【楽天市場】【送料無料】VOICE 自動集計モデルVT-2000専用 タイムカード Vカード100枚入:VOICE公式 楽天市場店

入社日当日、社長に挨拶を済ませて私の配属される部署に案内されました。

そこでいろいろ話を聞いているとあることに気が付きました。

それは、

タイムカードがないのです!

その部署の人とはわりと早く打ち解けていろいろ話を聞いていくと、

「残業代は12時間勤務の日しかつかない。」

と、言ってました。

私は嘘であってほしいと願うばかりでした。

②12時間勤務以外は全てサービス残業

f:id:reachthecrown0:20210103231507j:plain

出典 婚活に期待し過ぎて何度も落胆を繰り返している人

私は入社して1年ぐらい経った頃から薬品の在庫管理を任されて発注などもするようになりました。

もともと工場の作業員としてもやっていたので

「発注と在庫管理なんていつやればいいんだ!?」

と、思っておりましたが案の定勤務中にやる時間がなかったので次の番が来た後に残ってやるしかありませんでした。

その在庫管理と発注は種類が多いため結構時間がかかるんですがその残ったときの残業代を請求しようとしたら、

「発注と在庫管理は仕事のうちに入らない。だから悪いが残業代を出せない!」

と、言われかなり落胆したのを覚えています。

その時、

なんでタイムカードないんだろう、在庫管理と発注は立派な仕事だろ

と思い、憤りを感じました。

③休憩が取れない。食事を3分以内に食べて戻らないといけない。

f:id:reachthecrown0:20210103231753j:plain

出典 早食いは健康を害するリスク大!直した方がいい3つの理由 | 病気・疾患情報を易しく・詳しく説明【 ホスピタクリップ 】

そして何より辛かったのが三交代勤務にもかかわらず休憩が取れず、食事をするにしても3分以内に食べて戻らないといけないと言うことでした。

なぜ、休憩を取れないかと言うと、

マシーンを回している時は片時も目が離せず

交代で飯を食べに行くしかなかったのです。

しかも、私は紙に塗る液体を作る作業とマシーンの作業を同時進行でこなさなきゃいけなかったため本当に休憩が取れずにおかしくなりそうでした。

頼りにされるのは嬉しいことなのですが、なぜ飯も食べないで夜勤をこなさなければいけないのか疑問に思う毎日でした。

今考えてみると、

「いいように使われていたんだな。」

と思います。

④給料が安い。

そして1番厄介なのは、飯も食えずに作業をしているのに給料がアホみたいに安いところでした。

「三交代なんだから給料高いんじゃないの?深夜手当てとかいっぱいもらえるんじゃないの?」

と、仲間には言われるのですがそんな事はなく深夜お手当ては1時間200円程度で全く稼げませんでした。

一応交代手当も付いていたのですがそれも17000円しかついておらず、

「こんなんじゃ何のために三交代やってんのかわかんねえよ。しかも休憩してねーし」

と、泣きたくなったのを覚えています。

⑤社員(班長以下)のモチベーションが驚くほど低い。

f:id:reachthecrown0:20210103231951j:plain

出典 実はモチベーションと生産性が低い日本人――理由はこれだ | ハフポスト

みんなこの環境に嫌気がさしていたのかモチベーションは驚くほど低くみんな全くやる気がありませんでした。

私が入社した時に先輩に言われた言葉は、

「君こんな会社選んで大失敗したね!」

と言われたのが印象に残っています。

こんなモチベーションでやっているのでみんな失敗もめちゃくちゃしていて、毎日会社に行き申し送りを聞くのが怖かったのを覚えています。

⑥地獄のQC

こんな過酷な環境で仕事をしていたわけですが、QCもやっており相当きつかったです。

理由としては、仕事が終わった後に何時間残って話し合っても1回500円しか出ませんでした。

それならまだ我慢できるのですが、間に合わなくなってくると休みの日に出て1日中話し合う事もよくありました。

それでも1回500円です。

「なめてんのかな?」

としか思えませんでした。

⑦マシーンのトラブルが異様に多い。

なぜ、マシンのトラブルが多かったかというとそれには明確な理由があります。

なぜなら、相当大きなマシンなのですがいろんな会社の機械を組み合わせて作った機械ですのでドンダケ良い条件でやってもうまくいかないことがよくありました。

例えば、入り口側のマシンでは張力はいい感じなのに真ん中側のマシンの張力がその設定では良くなくて紙が切れたりとか他にもいろいろありました。

これが休憩できない原因だと思うととても腹立たしい気持ちでした。ケチらずにしっかり設備投資をしていればこんなことにならなかったはずだと思います。

⑧飲み会が地獄?

別に普通に作業員の人とは私は仲が良かったので楽しいのですが、1次会が終わった後に大体課長、係長、班長の1人の人に誘われて2次会に行くのですが、みんな酒癖が悪くて理不尽なことで絡んで来られたりとかもありました。

それならまだ酒癖が悪いんだなぁと軽く流せるのですが、課長が結構ブットんでる人で

店の人に意味のわからない理由でブチ切れたりする

のが私は耐えられませんでした。

その後結局私が店の人に謝ったりしてました。

私が課長にブチ切れたかった位です!

以上のような事が起こり、私もこれから先が不安でしたし若干鬱っぽくなっていたのでやめることを決意しました。

私が辞めてから仲の良かった班長の人とはちょくちょく連絡をとっていましたが

5人ぐらいやめたそうです。

しかも驚いたのは、

重大な労災事故が多発しているそうです。

当たり前ですよね!?

私が辞めたから私がやっていた仕事を誰かがしなきゃいけないわけで休憩もしないでやってるわけですから集中力なんてあるわけがありません。

当然の結果だと思っております。

転職者要注意!製紙工場はブラックで薄給?体験談を交えて徹底解説まとめ

今回は私が勤めていた製紙工場のブラックさについて体験談を交えて解説いたしました。

色々と他の製紙関係の話を聞いていると私が勤めていた会社と似たような事例が多いようです。

また、紙関係の会社は、

電子書籍の普及やペーパーレス化の意向等で苦しい状態が続いている

ようで年々売り上げが減ってきているようです。

もし、紙関係の会社の求人があったとしたら間違いなくやめておいたほうがいいと思います。

ですが、

段ボールを扱っている会社は需要がある

ためまだ大丈夫なのではないでしょうか!?

もし紙関係の会社に入りたいなら段ボール関係の会社を狙ってみるのも手かもしれません。

それでは次回もお楽しみに!