〜転職〜ハローワークで失業手当ての手続きをする方法を徹底解説!

こんにちは。

転職の申し子です。

会社を辞めた後にまず真っ先にやらなければいけないことがあります。

それは、

失業手当の申請です。

これをやっておくとやっておかないでは全然違います。

全く面倒なことではありませんので会社を辞めたばかりの方やこれから転職をしようか悩んでいる方は知っておいて損はありません。

それではご覧ください。

転職を考えてる方向け!ハローワークで失業手当ての手続きの方法を徹底解説!

f:id:reachthecrown0:20210108152426j:plain

出典 お金が貯まる人と貯まらない人の「口ぐせ・行動」の差~借金返済の現場で目にしたこと(LIMO) - Yahoo!ニュース

会社を辞めたばかりの方は次の日にでも必ずハローワークに行って失業手当ての手続きを行うことをお勧めします。

この手続きをやっておかないと失業手当はもらえませんし、仮に就職が決まったときの再就職手当をもらう権利も失ってしまいます。

ですので、正しい手順で手続きを行っておきましょう。

ですが、

失業手当は誰でも受け取れると言うわけではありません。

ある条件を満たしていないと受け取れないこともあります。

これから失業手当てについてのルールをご説明いたします。

失業手当を受け取れる人の条件は?

まず第一に、

以前勤めていた会社で雇用保険に入っていたこと

が大前提になります。

そして、

・健康で就職する意思のある方

・働く能力はあるけど就職できてない方

が対象になります。

また、自己都合で退職した人と会社都合で退職した人では全く違ってきますのでそれについてご説明いたします。

自己都合退職者の場合

自己都合退職者とは、自分の意思で会社を辞めた人のことを言います。

その場合の受給資格は、

離職した日の以前の2年間で1年間は雇用保険の被保険者であったこと

が、条件となります。

すなわち、

やめた日の前の2年間で雇用保険に入っていた日数が1年間ある

と言うことです。

ただ、注意しなければならないのが、

親の介護等やむを得ない理由で会社を辞めた場合

は、

特定理由離職者

として扱われる場合があります。

特定理由離職者とは?

特定理由離職者とは以下のような方々のことをいいます。

・有期雇用契約の更新ができずに泣く泣く離職した方

・出産や育児により離職した方

・いろいろな理由により通勤するのが難しくなった方

・会社が人員整理をした関係で離職した方

などが挙げられます。

このような方々は特定理由離職者になる可能性があり、その場合の受給資格は、

会社を辞めた日の前の1年間で雇用保険に入っていた日数が半年ある人

になります。

その他に特定受給資格者があります。

特定受給資格者とは?

特定受給資格者とは、会社が潰れてしまったり会社からクビを言い渡された人などをいいます。

なぜこのような扱いになるかと言うと、会社が潰れてしまったりクビになったりするのは

予測できない事態で再就職する時間などあるわけがない

からです。

その中で受給できる条件は、

離職前の1年間で半年被保険者だった人

次は失業手当の受給期間について説明いたします。

失業手当の受給期間は?いつから受け取れる?

失業手当は申請したからすぐもらえると言うわけでは無いのです。

基本的には、

受給資格が与えられた日から7日間は待機期間があります。

特定理由離職者や、特定受給資格者は

7日間の待機期間の後にすぐに失業手当を受給することができます。

受給期間は大体1年間ぐらいなのですが、

年齢や被保険者であった期間によって若干前後

しますので詳しいことが知りたい場合はハローワークの方に聞いてみてください。

ですが、自己都合で辞めた人は、

さらに、7日間の後に3ヶ月ほど失業手当がもらえない期間

があり、その後失業保険を受給することができます。

受給日数は、

約120日位で約4カ月間受給することができます。

ですが、

細かい条件によって少し違う場合がある

のでハローワークに行って詳細を聞いてみてください。

自己都合退職者の場合、会社を辞めてから就職が決まらない場合

稼ぎがなくなる

ので注意しましょう。

失業手当受給中にバイトはオッケー?

失業手当受給中にバイトをしてもオッケーですが、

1ヵ月ごとにバイトをした日数と時間等をハローワークにしっかり言わないといけません。

それを言わないと

失業手当がもらえなくなる可能性があります。

そして、バイトでお金を稼ぐと、

失業手当が少し減額する可能性があります。

失業中は貯金などを切り崩しながら

転職活動に専念することをお勧めします。

失業手当ての手続きの流れ

失業手当ての手続きはそんなに難しいものではないのでちゃっちゃと手続きしてしまいましょう。

①必要書類の準備

・雇用保険被保険者証

・マイナンバーカード

・証明写真(履歴書等に使うサイズのやつ)

・印鑑

・自分の名義の預金通帳かキャッシュカード

が、必要です。

ですので、離職した日に揃えてしまいましょう。

②ハローワークに行って手続きを行う。

求職の申し込みをまずやって、その後必要書類を提出します。

その後説明会が開かれるので、ハローワークの人に言われた日に説明会に参加します。

③説明会に参加

ハローワークの人に言われた日に説明会に参加します。

行き忘れがないようにしましょう。

④失業認定日にハローワークに行き失業認定申告書を提出する

月一回の認定日にハローワークに行って失業認定申告書と言う書類を提出します。

この書類は説明会に参加したときにもらうことができます。

注意しなければいけない点があり、

求職活動を月2回以上行っていないと認定されない

ので、注意しましょう。

⑤受給する

認定証持っていってから大体5営業日ぐらいあけて指定した口座に振り込まれます。

〜転職〜ハローワークで失業手当てを受給する手続きの方法まとめ

今回はハローワークで失業手当を受給する手続きの方法をまとめてみました。

いろいろ、受給資格などがあってめんどくさいですが、

もらえるものはもらっておいた方が良い

ので、受給資格がある人は離職後すぐにハローワークに行って手続きをしましょう!

それでは次回もお楽しみに!